美白スキンケアだけではシミ対策にはならない

私は30歳になるころに左の頬骨の高いところにうっすらとシミが出来かけているのに気が付きました。小さいものではありますが、シミができそうになっているというだけでやはりショックでした。
そこで、それまで値段の高さから購入を躊躇っていた美白美容液のHAKUを購入して使い始めました。今までのスキンケアで使っていた基礎化粧品はとても気に入っていたのでそれにプラスするかたちで使っていたのですが、なかなか効果は出ませんでした。効き目は人それぞれだと思って継続使用していましたが、ある日肌診断をしてもらった時に乾燥を指摘されました。

 

そして、肌が乾燥している状態ではスキンケアの効果は発揮されにくいと説明を受け、美白中心だったスキンケアを見直して、きちんと保湿を行うようにしたところ、シミが完全に消えたわけではありませんが、調子が良い時はかなり薄くなっています。また、シミ消しクリームを使用するようになったことも効果がありました。

 

そして、今までは漠然と買っていたスキンケア用品にどんな成分が配合されているのかも気にするようになり、美白ではm-トラネキサム酸やビタミンC誘導体が入っているもの、保湿ではヒアルロン酸やセラミド配合のものを積極的に使うようにしています。化粧水、乳液、美容液は美白タイプ、クリームは保湿タイプといった風に分けるようになってから肌の調子が良いのを感じているので、美白と保湿それぞれをバランスよく取り入れるのが大事なのだなと感じています。